フィットネスジムの選び方|種類からおすすめの施設まで紹介!

query_builder 2022/05/16
新着情報
スクリーンショット 2022-05-16 14.18.24

筋トレやフィットネスを行う理由は、さまざまです。

運動不足解消かダイエット目的かの違いによって、トレーニング法やトレーニング期間など考えるポイントはいくつもあります。

しかし、通うフィットネスジムによってフィットネスの質や満足度が異なることを知らない方も多いのではないでしょうか。

フィットネスジムでしっかりとボディメイクしたい場合、ジムの選び方は重要なポイントです。

当記事では、フィットネスジム選びで失敗したくない方のために、選び方のコツやおすすめ施設について解説します。



フィットネスジムの種類は主に3種類

フィットネスジムの選び方について考える前に、ジフィットネスジムにはどのような種類があるかを知ることが重要です。

ジフィットネスジムは運営会社やサービス提供形態の違いにより、公営ジム・パーソナルトレーニングジム・会員制スポーツジムの3種類に分けられます。

まずは、それぞれのジムにおける特徴やメリット・デメリットについて見てみましょう。


公営ジム

公営ジムは、自治体により運営されている公共施設のジムです。

総合体育館やスポーツセンターなどの名称が付けられていて、基本的に地元住民の方であれば格安価格で利用できるシステムとなっています。

ただし、設備やトレーナーの点でデメリットもあるため、利用する際は注意してください。

メリット

居住地域の公営ジムは安い料金で利用できる

料金形態は都度払いであり、月額費用がかからない

デメリット

民間に比べて施設規模や設備は劣る

トレーナーやインストラクターがいない施設も多く、自分でトレーニングメニューを管理する必要がある

営業時間が短く夜間に利用できない施設もある


パーソナルトレーニングジム

民営ジムであるパーソナルトレーニングジムは、利用者にパーソナルトレーナーが付いてアドバイスや指導を行うことが特徴です。

利用者はトレーニングを行う目標を設定し、トレーナーは目標達成のためにプログラム作成や食事指導などを行います。

「特定部位を重点的に鍛えたい」「○kg痩せたい」といった目標を持っていて、達成のために努力できる方におすすめです。

メリット

トレーナーがマンツーマンで指導するため、初心者でも効率的なトレーニングを行える

決まった日時に利用する予約制システムのため、コース終了後も運動を習慣づけられる

デメリット

トレーナーが指導する体制のため、利用料金が高く設定されている

明確な目標を設定しなければトレーナーの指導を活かせない

トレーナーとの相性や指導メニューが合わないと続けられなくなる



会員制スポーツジム

会員制スポーツジムは、施設内にトレーニング用の器具が並んでおり、会員が自由にトレーニングを行えるタイプのジムです。

営業時間は基本的に24時間であり、会員は専用のカードキーで認証することにより設備をいつでも利用できます。

「集中できる環境でトレーニングに励みたい」「仕事帰りや休日など好きなタイミングで利用したい」といった方におすすめのジムです。

メリット

コストを抑えた運営がされているため、利用料金が安い

24時間いつでも利用できるため、曜日や時間帯を気にせずトレーニングできる

利用設備やインストラクターの有無など、カスタマイズ性が高い

デメリット

トレーニングの時間やメニューは自分で設定する必要がある

マシンの利用方法が分からない初心者だと利用しにくい



記事検索

NEW

  • ジム用フィットネスウェア人気ランキング【2022年】

    query_builder 2022/11/28
  • ヨガのフィットネスウェアで3つのNGポイント

    query_builder 2022/11/25
  • ヨガに向いているフィットネスウェアの3つの特徴

    query_builder 2022/11/21
  • ヨガのフィットネスウェアは?NGなフィットネスウェア?

    query_builder 2022/11/11
  • レギンスのおすすめコーデ|冬

    query_builder 2022/11/07

CATEGORY

ARCHIVE