スイムウェアの種類とは?ワンピースやセパレートなどの違い

query_builder 2022/06/24
新着情報
LOOKBOOK 2020-1_page-0022

スイムウェアの種類とは?ワンピースやセパレートなどの違い


水泳を始めようと思ったときに、準備するうえで欠かせないのが水着。

競泳用、フィットネス用の水着は、海などで着る水着とは違い、水泳やウォーキング、アクアビクスなど水中でも運動がしやすい作りになっています。

今回は水着の種類と、それぞれの形や生地、機能の特徴などを紹介致します。

水着選びに迷いましたら、参考にしてください。


レディース用水着のタイプは?

競泳用、フィットネス用の水着といっても、さまざまなタイプがあります。

まずはレディース用水着のタイプについて、形や機能などの特徴をご紹介させていただきます。


ワンピースタイプの水着

ワンピースタイプの水着は、スクール水着と同じスタンダードな形をした水着です。

体にぴったりフィットして水着の中に水が入らず、水の抵抗を受けにくいのが特徴です。脚が動かしやすいため、使用している水泳選手も多く、本格的に泳ぎたいという人におすすめになります。

体にフィットするということは水が入りにくいというメリットもありますが、体のラインが出やすいというデメリットもあります。さらに、ハイレグカットで露出が気になるという方もいるかもしれません。

 


セパレートタイプの水着

セパレートタイプの水着は、トップスとボトムスが分かれているのが特徴になります。

トップスにはタンクトップや半袖、長袖のタイプがあり種類が豊富です。肩や二の腕などなるべく露出を控えたい人や、プールで体が冷えやすい人にとてもおすすめです。また、デザインも豊富なため、体型を隠したいけどおしゃれにもこだわりたいという願いも叶えてくれます。

ただし、セパレートタイプは上下で分かれているため、ワンピースタイプよりも水の抵抗を受けて泳ぎにくいというデメリットがあります。

セパレートタイプの水着は、本格的な水泳ではなく、ジムのプールで水中ウォーキングやアクアビクスを行う場合に特に適しているスイムウェアです。



オールインワンタイプの水着

オールインワンタイプのスイムウェアは、ワンピースタイプと同じ上下一体の水着です。

ワンピースタイプとの違いは、下半身部分がスパッツのような形をしているところにあります。体にフィットするため、水の抵抗を受けにくく、泳ぎやすいのが特徴です。

また、オールインワンタイプの中には、上半身が袖付きというタイプもあります。

フィット感があるため、脱ぎ着しにくいと感じる場合には、ファスナー付きのオールインワンタイプを選ぶと良いでしょう。本格的に泳ぎたいけれどワンピースタイプが苦手という人は、露出を抑えて泳ぎやすいオールインワンタイプがおすすめです。


記事検索

NEW

  • レディース水着の種類その3!

    query_builder 2022/08/01
  • レディース水着の種類その2!

    query_builder 2022/08/01
  • レディース水着の種類!

    query_builder 2022/07/29
  • 水着とブラジリアンビキについて

    query_builder 2022/07/11
  • 水着選びの注目ポイントは?

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE