ショーツの種類と常識! 意外と知らない下着の特徴!

query_builder 2022/10/24
新着情報
07451-4

ショーツは小さな面積ですが、デザインによってはき心地やヒップの見え方が大きく変わります。

はき心地のいいショーツを選ぶ1歩としてそれぞれの特徴を知ることが大事です。

下着売り場にたくさん並ぶショーツのなかから、あなたにぴったりの1枚を選ぶため基本を教えていただきましょう。



売り場に行くと、ブラジャー同様に沢山の種類が並んでいるショーツ。

同サイズでも股上の深さヒップを覆う布の面積などさらに素材によってはき心地がかなり変わります。


しっくりくるはき心地のいいショーツを選ぶ為に、種類とそれぞれの特徴を知ることが大事です。

洋服に比べるとごく小さな面積で似たように見えるけれど実はそれぞれ異なり奥が深いので基本について教えていただきましょう。


股上の深さやヒップを覆う面積ではき心地も見え方も大きく変わるブラジャー同様、多くの種類や呼び方があるショーツ。

そもそも「ショーツ」と呼ぶ以外に「パンツ」や「パンティ」とも呼びます、海外では女性用も「ブリーフ」、イギリスでは「ニッカース」、フランスでは「スリップ」「キュロット」と呼びます。


国柄がなど表れるのもショーツ。日本はヒップをすっぽり包むデザインが好まれます、ブラジルではヒップが半分ほど隠れるデザインが定番。

ヒップが半分ほど隠れるショーツ全般を「ブラジリアン」と言います。

フランスやイタリアのブランドはレースの美しさを愛でる傾向が強く、レースを使うことからブラジャーとショーツの価格がほとんど同じという場合もあります。


快適なはき心地の基本はヒップ部分の伸縮性の高さ

股上が深く、ヒップ全体を包むようなデザインのショーツははきやすく安定感があり、股上が浅いものやヒップを覆う布の面積が小さいものはセクシーさや可愛らしさを演出することができます。いずれもヒップ部分の素材が伸縮性に優れていることが、はき心地の良いショーツの大きなポイントになります。


はき心地に加え、パンツにラインがひびくのも気になるところ。それは形よりも素材や縫製がポイント。脚口にゴムが入っているものはヒップの太ももの境に段差ができやすいため、タイトなボトムをはく場合は避けた方が無難。ヒップ全体に凹凸の少ないレースが使われているもの、布なら端が切りっぱなしになっているものを選べば万全です。




記事検索

NEW

  • ジム用フィットネスウェア人気ランキング【2022年】

    query_builder 2022/11/28
  • ヨガのフィットネスウェアで3つのNGポイント

    query_builder 2022/11/25
  • ヨガに向いているフィットネスウェアの3つの特徴

    query_builder 2022/11/21
  • ヨガのフィットネスウェアは?NGなフィットネスウェア?

    query_builder 2022/11/11
  • レギンスのおすすめコーデ|冬

    query_builder 2022/11/07

CATEGORY

ARCHIVE