フィットネスウェアを選ぶ時に確認したい4つのポイントを紹介。  

query_builder 2023/04/10
新着情報
66458_7

・サイズ

ウェアのサイズ感が合っていないと、トレーニングの時に動きづらさを感じてしまいます。

小さすぎる場合は息苦しさを感じ、大きすぎるとトレーニングマシンに引っかかる恐れがあるため注意が必要。

自分が動きやすいと思えるサイズや、伸縮性が高くフィット感が良いウェアを選んでください。ただ、体形が気になるという方や、ストレッチのような軽い運動を行う際は、ワンサイズ程度大きめのウェアを選ぶ事を進めます。

 

・機能
機能の高さも、フィットネスウェアを選ぶ時のポイントです。運動中は汗をたくさんかきますが、汗をそのまま放置しておくと、体が冷えたりべたついて気持ち悪さを感じたりすることがあります。
吸水性や速乾性、通気性といった機能性に優れているウェアをトレーニング中に着用していれば、汗をかいても快適。

冬場の寒い時期に使用するアイテムの場合は、吸水速乾に加えて保温性に優れている製品を選べば、体温を適切に保ちパフォーマンスを発揮しやすくなるでしょう。

 

・デザイン

フィットネスウェアを選ぶ時は、サイズや機能性でなく、デザイン性にも注目するのがおすすめ。好みのウェアを見つけられれば、運動に対するモチベーションの向上にもつながります。

フィットネスウェアはブランドごとに見た目や特徴が異なるので、トップスとボトムスを別々に購入すると、ちぐはぐな組み合わせになることもあります。ウェアの上下は同じブランドで揃えるのがベストです。
見た目にもこだわりたい方、着こなしに不安を覚える方、上下がセットになっているセットアップ製品を選ぶ事をおすすめします。

 

・用途?

フィットネスウェアをどんな用途で使用する?考える必要がある。

ストレッチやヨガの場合は、フィットネスウェアが小さく締め付け感が強いと、体の動きが制限されてしまいます。

体を大きく動かせるように、少しゆとりがある着心地のフィットネスウェが最適。
ただしサイズが大きすぎると、裾がめくれたり胸元が見えたりして、思うようにポーズを取れなくなる恐れもあるので注意。

筋肉トレーニングやランニングのように、筋肉を動かしたり汗をたくさんかいたりする運動の場合は、コンプレッション機能や吸水速乾性能といった機能性を持った

フィットネスウェがおすすめ。
筋肉の疲労や汗でべたつく不快感を防げるため、快適に運動を続けられます。


記事検索

NEW

  • レギンスの特徴?

    query_builder 2024/01/22
  • どこが違うの?タイツとレギンス

    query_builder 2024/01/19
  • みんな知らないレギンスとスパッツの違い?

    query_builder 2023/12/22
  • みんな知らないレギンスとスパッツの違い?

    query_builder 2023/12/22
  • フィットネスウェアの選び方!

    query_builder 2023/11/13

CATEGORY

ARCHIVE